ホーム → お知らせ一覧(2013年以前) → お知らせ一覧(2014年以降)
 
2016年4月22日
古河機械金属グループの創業140周年(昨年)の筋目を迎えたことを機に、会社が将来にわたってカテゴリートップワンを基軸に成長する企業として、Power(力強さ・スピード)とPassion(熱意・情熱)をもって、社会に貢献する企業であり続けることを目標に掲げ、全社員が一丸となって邁進し、一層の信頼を獲得してまいります。
ユニフォームを新しいカラーに一新することで意識改革を推進してまいります。


 
         
2016年4月5日
リニア中央新幹線の山岳トンネル工事の最前線で使用されるトンネルドリルジャンボやコンクリート吹付機、油圧ブレーカ等の営業・サービスを統括的にコントロールする拠点として、4月1日に現地協力会社と協働するFRDアルプス出張所を開設いたしました。

FRDアルプス出張所
〒399-3301 長野県下伊那郡松川町上片桐4619
TEL : 0265-49-6008   FAX : 0265-49-8759

本出張所は、トンネルドリルジャンボ等の営業活動に加えて、部品販売や修理・サービス、トンネルドリルジャンボ本体の整備も行います。さらに、リニア中央新幹線工事の神奈川地区を担当する関東支店、名古屋地区を担当する名古屋支店のサービス員を統括的に管理し、質が高く迅速な対応を可能とした広域のサービス体制を構築してまいります。

また、新たに開発したリニア向けトンネルドリルジャンボに搭載したドリルナビにより、工事現場から離れた場所でもインターネット等を経由して、せん孔データや稼働状況を把握することができ、施工会社(ゼネコン)各社の工事進捗の情報を共有化できるほか、故障発生時には当社高崎吉井工場においても原因分析を行い、早期復旧をサポートすることが可能です。

今後、リニア中央新幹線のトンネル工事に向けに、トンネルドリルジャンボの販売を強化するとともに、工事の最盛期においても安心して使用していただけるように、アフターサービスの強化を図ってまいります。
 
         
2015年6月2日
平成27年5月26日〜29日、東京ビッグサイトで開催された「2015NEW環境展」は、167,540名(前年度は167,210名)の入場者があり、盛況裏に終了いたしました。
古河の展示ブースに、多数のご来訪をいただきありがとうございました。

弊社ブースに多数のご来訪いただきましてありがとうございました。


5月26日 27,457名 (27,010名)
5月27日 39,683名 (40,083名)
5月28日 49,871名 (49,613名)
5月29日 50,529名 (50,504名)
累計   167,540名 (167,210名)
 
     

2015年5月14日

平成27年5月26日(火)〜5月29日(金)に東京ビッグサイトで開催される2015NEW環境展に出展いたします。  
     
2014年9月4日
油圧ブレーカの正しい取扱を適正にナビゲーションする、油圧ブレーカ稼働監視・稼働記録装置【B-Pro】の販売を開始しました。

油圧ショベルのフロントアタッチメント製品には作動圧力を監視する圧力計が備わっていないため、不具合が発生して初めて問題が発見される場合あります。
そこで、お客様が油圧ブレーカを安心して使用できるよう、運転者に適正な運転を光と音でナビゲーションする装置を開発しました。

■オペレータの方を運転席に配置した稼働監視装置でナビゲーション
B-Pro本体は、裏面の磁石で運転席の見やすい位置に取り付けることができます。油圧ブレーカの作動圧が適正の場合は青色のLEDが発光し、過剰になると赤色、低圧になると黄色で運転者に(ナビゲーション)知らせます。また、油圧ブレーカの連続打撃時間が30秒を超えるとブザー音で運転者に知らせます。そして、油圧ブレーカのメンテナンス時期をLEDで表示する機能があります。

■管理する方、メンテナンスする方を記録したデータがナビゲーション
稼働情報をパソコンに取込むことができますので、管理する方、メンテナンスする方を記録したデータがナビゲーションすることができます。
「ブレーカの稼働率」「過剰圧力の時間と回数」「連続打撃時間オーバーの回数」「油圧ショベルの稼働時間」のデータが確認・記録できますので、運転者への適正な作業指導、稼働率の改善、故障の予防、適正なメンテナンス計画の立案などに活用することができます。



 



         
2014年8月21日
平成26年8月12日(火)〜8月14日(木)の3日間、東京国際フォーラムにて開催されました「丸の内キッズジャンボリー2014」に、猛暑、降雨の中、たくさんの子供たちや多くの方々にご来訪いただき誠にありがとうございました。
弊社は、油圧クローラドリルの乗車体験、古河ユニック鰍ヘミニ・クローラクレーンの乗車体験、古河産機システムズ鰍ヘ陸前高田市の高台移転工事のジオラマを展示し、各コーナーごとにスタンプラリーを行い、 夏休みの一日を家族で楽しんでいただけたとおもいます


 
     
2014年8月4日
平成26年8月12日(火)〜8月14日(木)の3日間、東京国際フォーラムにて開催されます「丸の内キッズジャンボリー2014」に古河機械金属鰍ェ協力企業として、昨年に引き続き参加致します。
弊社は、油圧クローラドリルを出展、古河ユニック鰍ヘミニ・クローラクレーン、古河産機システムズ鰍ヘ陸前高田市の高台移転工事のジオラマを出展します。
街中では見られない重機の運転席に乗ることができます。写真撮影ができます。
夏休みの一日を家族で楽しんでください


キッズジャンボリーへの入場は無料です。
詳細は、www.tif-kids.jp/2014/
でご確認ください。
 
     
2014年7月18日
日刊工業新聞社主催の「第44回・機械工業デザイン賞」にて、当社の新世代型油圧ブレーカFxjシリーズが「審査委員会特別賞」を受賞しました。

油圧ショベルのアタッチメント製品である油圧ブレーカは、岩石やコンクリートを破砕する作業に主に使われます。当社が開発した油圧ブレーカFxjシリーズは、中・大型機では困難とされてきた(スルーボルトの無い)(モノブロック)構造を実現し、その技術力と完成度の高さ、特徴的なスリムなフォルムを活かしたデザイン性が評価され、2014年7月、第44回機械工業デザイン賞(日刊工業新聞社主催、経済産業省後援)において「審査委員会特別賞」を受賞しました。

機械工業デザイン賞は、1970年に日刊工業新聞社が経済産業省(旧通商産業省)の後援を得て日本の工業製品におけるデザインの振興と発展を目的に創設されたデザインコンペティションで、今年で44回目を迎えます。
審査委員会は関係省庁や大学、各工業団体の専門家などで構成され、外観的なデザインにとどまらず、製品の企画力、社会性、機能、品質、操作、安全性など、さまざまな面から総合的な審査が行われます。受賞した多くの製品がそれぞれの時代のデザインの方向性を示唆する先進的製品として高い評価を得ています。

第44回機械工業デザイン賞の授賞式(2014年7月24日)

審査委員会特別賞の盾と一緒に記念撮影
 
         
2014年6月26日
復興道路、復興支援道路でトンネル工事が活況な東北地区において、トンネル工事の最前線で使用されるトンネルドリルジャンボ等のトンネル機械の営業およびサービスを強化すべく、岩手県宮古市に出張所を開設いたしました。

復興道路、復興支援道路は多数のトンネル工事が予定されており、現在も複数の現場で工事が進められています。これら山岳トンネル工事では発破工法が用いられ、トンネル最先端の切羽に火薬装填用の穴を開ける機械としてトンネルドリルジャンボが多数使用される見込みです。
当社は、トンネルドリルジャンボのほか、トンネル工事用油圧ブレーカやコンクリート吹付機などトンネル工事に必要な機械を扱っており、より現場に近い場所でサポートすべく、宮城県名取市にある東北支店の出先機関として岩手県宮古市に出張所を開設いたしました。

宮古出張所の所在
古河ロックドリル梶@東北支店宮古出張所
住所:〒027-0061 岩手県宮古市西町3-3-5
TEL : 0193-77-4245 FAX : 0193-77-4986




 
         
2014年6月3日
平成26年5月27日〜30日、東京ビッグサイトで開催された「2014NEW環境展」は、167,210名(前年度は165,810名)の入場者があり、盛況裏に終了いたしました
弊社ブースに多数のご来訪いただきましてありがとうございました。


5月27日 27,010名  (26,893名)
5月28日 40,083名  (39,516名)
5月29日 49,613名  (50,547名)
5月30日 50,504名  (48,854名)
累計   167,210名  (165,810名)
 
         
2014年5月1日
平成26年5月27日(火)〜5月30日(金)に東京ビッグサイトで開催される2014NEW環境展に出展いたします。  


Copyright (C) Furukawa rock drill.Co.,Ltd. All rights reserved.
13