ホーム → お知らせ一覧 → before 2012
 
平成22年 6月1日
 
2010年5月25日〜5月28日東京ビッグサイト(有明)で開催された、「2010NEW環境展」は、172,515名の入場者があり盛況裏に終了いたしました。
古河の展示ブースに、ご来訪をいただきありがとうございました。

東京ビッグサイト
2010NEW環境展
東ホール入口 受付風景

 開催日
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
5月25日(火)
29,173人
27,035人
23,675人
18,237人
16,574人
5月26日(水)
40,482人
39,768人
48,569人
46,715人
45,698人
5月27日(木)
49,486人
51,698人
59,749人
57,634人
46,143人
5月28日(金)
53,374人
51,895人
48,724人
45,353人
45,612人
累計入場者数
172,515人
170,396人
180,717人
167,939人
154,027人

古河の展示ブース

古河ロックドリルの展示内容
 作業環境の改善をテーマに、国土交通省の新技術情報システム【NETIS】に登録された今注目の騒音環境負荷低減に威力を発揮する超低騒音油圧ブレーカを紹介するとともに、解体現場で活躍している新型大割圧砕機とマグネット付小割圧砕機を展示いたしました。

超低騒音油圧ブレーカに次世代型小型油圧ブレーカFxシリーズのSS-box(スーパーサイレント)4機種と中型クラスのFc90、Fc120、大型の代表的な20トンクラスのF22、トンネル向けとして開発した超低騒音油圧ブレーカF22 ST-box(縦型トップブラケット仕様)を展示いたしました。 
油圧圧砕機Vシリーズの紹介は、 2本シリンダタイプの大割圧砕機0.45クラスのVx135とアクティブマグネット仕様機として好評をいただいておりますVs22小割圧砕機を出品致しました。

展示製品の説明  

油圧ブレーカコーナー  
油圧ブレーカコーナーに下記製品を展示。
超低騒音油圧ブレーカの製品説明ビデオを放映。

●超低騒音油圧ブレーカ F22 SS-box
●超低騒音油圧ブレーカ Fc120 SS-box
●超低騒音油圧ブレーカ Fc90 SS-box


トンネル仕様として開発した縦型トップブラケットタイプの超低騒音油圧ブレーカを展示いたしました。

●超低騒音油圧ブレーカ F22 ST-box
 S:スーパーサイレント
 T-box :縦型トップブラケットタイプ

次世代型小型油圧ブレーカの超低騒音シリーズを展示。

●超低騒音油圧ブレーカ Fx55 SS-box
●超低騒音油圧ブレーカ Fx45 SS-box
●超低騒音油圧ブレーカ Fx35 SS-box
●超低騒音油圧ブレーカ Fx25 SS-box
   


油圧圧砕機コーナー  
油圧圧砕機コーナーに下記製品を展示。

「軽い・強い・速い」をコンセプトに開発した、頼もしい大割圧砕機で好評をいただいております。
新製品の0.45クラスのVx135とマグネット付小割圧砕機を展示しました。
Vシリーズの製品紹介ビデオを放映。

●新型大割圧砕機:Vx135
●マグネット付小割圧砕機:Vs22-M



   

木質系破砕機コーナー  
パワーチッパーFPC1700の映像による製品説明とパネル展示を行いました。
FPC1700は、排ガス3次基準値適合エンジンを搭載。



その他、 剪定枝葉、竹などを粉砕してチップを生産する自走式デュアルチッパーFCS410Msとスクリーン製品等を紹介しました。

   

FCB20ノイズサイレンサー  
 ハンドブレーカFCB20用のノイズサイレンサーと防音パネル(チゼルノイズサイレンサー)を展示。

ハンドブレーカは圧縮空気を利用した小さなエアツールです。軽易な道路工事、溝掘り、コンクリート構造物等の取り壊しまたはハツリ作業に使用されています。
作業中は、排気騒音が大きく環境負荷の高いツールともいえます。このノイズサイレンサーは、ブレーカ本体を遮音・吸音フォームで包み込むことにより、圧縮空気が排出されるときに発生する100〜1000Hzの周波数帯域の騒音を大幅に低減させることを可能にしました。 使用時の原音94.6dBを、このサイレンサーを取り付けることにより86dBまで低減させることを実現しました。

   
ニュースリリース一覧に戻る


Copyright (C) Furukawa rock drill.Co.,Ltd. All rights reserved.