FRD情報サービス利用規約
   
古河ロックドリル株式会社(以下「FRD」という)は、削岩機その他の製品(以下「FRD製品」という)の製造および販売に従事しており、FRD製品およびこれに係るスペアパーツについての一定の情報をインターネットを介して提供するサービス(以下「本サービス」という)を開発し運用している。
以下、本サービスを利用する者を「User」といい、Userは本サービスおよびオプション(以下「オプション」という)の利用にあたり、次の規約(以下「本規約」という)を遵守するものとする。
   
第1条 本サービスの利用
   
1. Userは、別紙「FRD情報サービス利用申込書」によりFRDに申し込み、FRDの承諾を得ることにより、本規約の規定に従い、FRDが指定するウェブサイト(そのリンク先を含み、以下「指定ウェブサイト」という)にアクセスして、指定ウェブサイトにおいて開示されている情報を閲覧し、またはオプションを利用することができる。
   
2. Userは、前項に基づきアクセスし閲覧した情報を、次の目的で利用することができる。
 
(1)
FRD製品のメンテナンス
 
(2)
FRD製品の顧客もしくはエンドユーザーに対するアフターサービスその他のFRDの ディストリビューターとしての活動
   
3. FRDは、Userに対して、前2項所定のアクセス権、利用権および使用権のほかには、本サービス、技術情報等(第2条第1項で定義される)およびそれらの一切の派生物に係る所有権、著作権、特許権その他の知的財産権およびその他いかなる権利も付与しない。
   
第2条 本サービスの内容
   
1. FRDは、FRD製品およびこれに係るスペアパーツについての一定の製品情報その他一定の技術情報(以下「技術情報等」という。技術情報等の種類および内容は、FRDの単独の裁量において定める)を指定ウェブサイト上で提供する。
   
2. FRDは、技術情報等を、Userへの通知または了解を得ることなく随時変更することができる。
   
第3条 利用環境の整備
   
1. FRDは、Userからの利用申込みを承諾した場合、Userに対しアクセス権を設定し、本サービスの利用開始日、指定ウェブサイトURL、アクセス用ユーザーIDおよびパスワードを文書にて通知する。
   
2. Userは、指定ウェブサイトにアクセス可能なことを確認する。指定ウェブサイトにアクセスできない場合は、速やかにFRDにその旨を通知する。
   
3. Userは、本サービスを利用するために必要な通信機器、ソフトウェアおよびその他必要な機器を自己の費用と責任において準備するものとする。
   
4. Userは、自己の費用と責任でインターネットに接続するものとする。
   
5. Userは、コンピューターウイルスの感染、不正アクセスおよび情報漏えいの防止等、技術情報等が第三者に漏えいしないためのセキュリティを常に保持するものとする。
   
6. Userは、FRDの事前の書面による同意なく、アクセス用ユーザーIDおよびパスワードを、第三者に使用させ、または第三者と共有してはならず、かつ、その他の方法により第三者に本サービスを利用させてはならない。
   
第4条 本サービスの開始
   
Userは、FRDがUserに通知する文書に記載される開始日から本サービスを利用することができる。ただし、Userがかかる開始日に本サービスを利用できない場合、FRDは、あらためて開始日を文書にて通知するものとする。
   
第5条 変更の通知
   
Userは、本サービス利用開始後、その名称、住所、電話番号、FAX番号、利用者、メールアドレスまたは代表者を変更した場合、FRDに対し、遅滞なくその旨を書面で通知するものとする。
   
第6条 個人情報の取扱い
   
1. FRD は、次の各号の場合を除き、本サービスおよびオプションを通じて入手したUser の個人情報を第三者に開示しない。
 
(1)
User が事前に承諾した場合
 
(2)
法律により開示が要求される場合
 
(3)
User に本サービスを提供する上で必要となる委託業務先に開示する場合
   
2. FRD は、Userの個人情報が第三者に漏えいすることのないよう、適切な管理保管に努める。
   
第7条 禁止行為
 
 
 
Userは、本サービスおよびオプションの利用にあたり、以下の行為を行ってはならない。
 
(1)
技術情報等を不正に複製、改ざんまたは消去する行為
 
(2)
技術情報等を、FRDの事前の書面による同意なく、第三者に開示または提供する行為
 
(3)
FRDもしくは第三者の知的財産権(特許権、実用新案権、意匠権、商標権、著作権など)もしくはプライバシー等を侵害する行為
 
(4)
FRDが本サービスを提供するために使用する通信設備、電子計算機、その他の機器およびソフトウェア(以下「本サービス用設備」という)に無権限でアクセスし、またはその利用もしくは運営に支障を与える行為
 
(5)
他人の電子メールアドレスを勝手に利用する等、虚偽の申告、届出を行う行為
 
(6)
コンピューターウイルス等、有害なプログラムを使用もしくは提供する行為
 
(7)
FRD のロゴおよび本サービスに掲載されている情報を無断で使用する行為
 
(8)
上記各号の他、法令、本規約もしくは公序良俗に違反する行為、本サービスの運営を妨害する行為、信用の毀損または財産権の侵害等FRDに不利益を与える行為
 
(9)
その他FRDが不適切と判断する行為
   
第8条 サービスの中断
1.
FRDは、Userが次の各号のいずれかに該当する場合、本サービスまたはオプションの全部または一部の提供を中断または終了することができる。
 
(1)
本規約に違反する行為をしたとき。
 
(2)
差押え、仮差押え、仮処分、もしくは競売の申立てがあったときまたは公租公課の滞納処分を受けたとき。
 
(3)
破産手続開始、会社更生手続開始、民事再生手続開始、特別清算開始その他の倒産手続の開始の申立てがあったとき。
 
(4)
その他FRDが不適切と判断するとき。
2.
FRDは、次の各号のいずれかに該当する場合、本サービスまたはオプションの全部または一部の提供を中断することができる。その場合において、FRDは、2週間前までにその旨をUserに書面または口頭で通知する。ただし、緊急やむを得ないときは、この限りではない。
 
(1)
本サービス用設備の保守上または工事上やむを得ないとき。
 
(2)
本サービス用設備に障害が発生したとき。
 
(3)
その他FRDがやむを得ないものと認める事由があるとき。
3.
FRDは、前2項に従って本サービスまたはオプションの提供を中断した後、該当する事由が治癒または解消されたとFRDが判断した場合には、中断した本サービスまたはオプションの提供を再開するものとする。
4.
FRDは、第1項または第2項に従って本サービスの提供を中断したとしても、これに起因してUserまたは第三者が被った損害について、一切の責任を負わない。
第9条 責任限定
1.
FRDは、本規約の履行に関してUserが損害を被った場合であっても、FRDの責に帰すことができない事由から生じた損害、FRDの予見の有無を問わず特別の事情から生じた損害、拡大損害および逸失利益を賠償する責任を負わないものとする。
2.
FRDは、次の各号の事由に起因してUserまたは第三者に生じた損害に対して、一切の責任を負わないものとする。
 
(1)
通信回線の事故、輻輳または混雑
 
(2)
通信事業者の業務の中断
 
(3)
コンピューターウイルスその他これに類する有害物
 
(4)
技術情報等の変更もしくは更新または指定ウェブサイトの運用の中断もしくは中止
 
(5)
本サービス用設備の外部または通信回線上で起こったデータのエラー、喪失その他の障害
第10条 サービスの終了 
 
FRDは、本サービスまたはオプションの提供を継続することが困難な事情が生じたと判断した場合、1か月の予告期間を設けて、本サービスまたはオプションの提供を終了することができるものとする。
 
第11条 一般条項
1.
本規約は日本法を準拠法とし、かつ、これに従い解釈されるものとする。
2.
本規約に関連するFRD・User間の紛争については、東京地方裁判所をもって第一審の専属的合意管轄裁判所とする。

 

 

制定:2016年11月18日

 


Copyright (C) Furukawa rock drill.Co.,Ltd. All rights reserved.