ホーム → 製品情報 → 油圧圧砕機


  SRC解体大割用圧砕機の主な特徴

■ アーム振れ止め機構

フレーム側とアーム側に配置されたダブルのフリクションプレートが、切断力を低下させるアームの開きを抑え、ガタツキを防止します。
フレーム側のフリクションプレートはねじれ方向の力を受け止め、アーム側のフリクションプレートはアームとフレームとの接触面積大きくしてアームの開きを抑えます。
   

クラス最大径のセンタピン

切断力を低下させるアームのガタツキや開きを抑えるため、アーム取付部のボス径接触面積を約50%増したクラス最大径のセンタピンを使用しています。
                             : 当社従来機比較


センタピン調整機構

センタピンのすき間調整は、ツバ付ブシ ュとフリクションプレートとの間にシム を入れるだけ。
ナットは15°ピッチで調整でき、整備性も抜群です。



 

■ 最強の破砕力
 

強力な圧砕力を発揮する高出力倒立型油圧シリンダを搭載。
2本シリンダの特長を最大限に生かすセンタピンの配置とアーム形状により、クラス最大級の開口幅と先端破砕力とを実現。
    
                

     

大容量ハイスピードバルブ

大容量ハイスピードバルブを標準装備。
閉口スピードが速く、作業効率をさらにアップさせます。



鉄骨・鉄筋切断カッター

350H形鋼も切断可能な、全長500mmの一枚刃です。
カッター刃は4面が使用でき経済的です。



破砕性に優れるアーム形状

密着したコンクリートを破砕しやすいようウエッジアームのふところ幅は広く、H鋼 や鉄筋を切断しやすいようにふところ長を大きくとりました。
対象物を包み込み、逃がさず、圧砕・切断ができます。

 





 Vz-7
19 〜 25 ton クラス

 
モデル名
Vz-7
質量
kg
2,590
全長
mm
2,475
全幅 mm 1,760
最大開口幅
mm
1,050
先端破砕力
kg
990
カッター中央切断力
kg
2,634
カッター長
mm
500
常用圧力
MPa
32
ハイスピードバルブ
標準装備
旋回方式(標準)   フリー旋回
推奨油圧ショベル(質量)
ton
19 - 25


● 推奨油圧ショベル質量は、搭載可能な油圧ショベルの目安を質量で表しています。詳しくは油圧ショベルの機種・型式・仕様をご確認の上、
お問い合わせください。
● 仕様は予告なく変更させていただくことがあります。
● マグネット吸着質量は、かさ比重1.3の対象物を吸着したときの値を示しています。


Copyright (C) Furukawa rock drill.Co.,Ltd. All rights reserved.